防火訓練を実施しました

カテゴリー「勝久病院からのお知らせ」 2011年6月30日

3月11日の東日本大震災では多くの医療機関も被害を受け、当院からも被災地への職員派遣に対応すべく災害ボランティアに登録しております。6月30日午後2時より、防火訓練を実施しました。当院では、万一の火災の際職員が冷静かつ迅速に対応できるよう、年2回菊池広域連合消防本部消防士の皆様のご指導・ご協力の下、防火訓練を行っています。
今回の防火訓練では、昼間、一階厨房より出火したという想定で、火災発見から看護師による消防署への通報、初期消火活動、担架を使用した模擬患者の搬送、消火器の取扱い方の確認等の訓練を行いました。多くの入院患者様をお預かりしている病院としましても、防火訓練は火災時の迅速な対応の重要性を再確認できる大変有意義のあるものです。今後も火災に限らず、3月の東日本大震災の様な予期せぬ災害に備え、当院を安心してご利用して頂けるよう職員の災害意識の向上に努めていきたいと思います。




ページのトップへもどる