関連事業紹介

勝久病院シームレスサポート

訪問診療

訪問診療高齢者の方や病気で通院が困難になった方、ご自宅での療養を希望される方に対して、総合的な在宅医療サービスを実施します。 主治医の計画に基づき、患者の自宅を基本的に主治医1名・看護師1名が定期的に訪問します。 患者の病状に応じて訪問する頻度に違いはありますが、通常は月1~2回程度です。

お問い合わせ先 電話 096-293-5000 / FAX 096-340-3955

居宅介護支援事業所ケアステーションおおづ

介護支援専門員(ケアマネージャー)がいる事業者で、都道府県の指定を受けています。要介護認定の申請代行や、介護サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼するときの窓口となり、サービス事業者との連絡・調整を行います。

お問い合わせ先 電話 096-293-5000 / FAX 096-340-3955
サービスの流れ

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは 介護の知識を幅広く持った専門家です。ケアプランの作成やサービス事業者の手配のほか、介護を必要とする人や家族の相談に応じたりアドバイスしたりします。施設入居を希望する人には適切な施設を紹介します。

通所リハビリテーションおおづ

介護を必要とする高齢者(要介護認定の結果、「要支援」「要介護」)の方に、昼間だけ施設でお過ごし頂き、機能回復訓練・入浴・食事のサービスを提供し、明るく温かな雰囲気の中で、自立を支援するサービスです。
機能回復のためのリハビリテーションや、日常生活の援助、また、閉じこもりによる認知症進行の防止を目的としています。介護者の、身体的、精神的負担の軽減も図ります。
医師・作業療法士・理学療法士・看護師・介護福祉士・ケアワーカーが協力しサービスの提供を行っています。

お問い合わせ先 電話 096-293-5000 / FAX 096-340-3955

老人訪問看護ステーションおおづ

高齢者に限らず、寝たきり(準寝たきり)の方が、慣れ親しんだ地域やご家庭で療養生活を送れるように看護師が訪問し、看護ケアを提供します。
患者さまや家族の方々は、病気の状態、床ずれ、食事や排泄、入浴の方法、その他いろいろな問題点や心配事を抱えています。主治医の指示・連携のもとに、病状観察、療養指導、介護指導などを行うとともに、家族の方々と協力し少しでも快適な療養生活が出きるようサービスを提供します。
また末期ガン患者さまが終末期を在宅で過ごす為に医療的処置に加え、精神的側面を重視した総合的な看護ケアも行います。現在3名の看護師が所属し緊急時にも対応しています。

お問い合わせ先 電話 096-293-2838 / FAX 096-293-2838

勝久病院介護療養型医療施設/勝久病院短期入所療養介護施設

勝久病院介護療養型医療施設
介護度1~5の認定を受けた方がご利用になれる介護保険施設です。医学的管理を基盤とした療養介護が主となり、入所期間中にリハビリテーションなども行います。住宅復帰に向けた支援が基本となりますが、困難な場合は他施設への転院等の補助も行います。介護療養型病床に入所されている間に医療的措置が必要になった場合、併設の医療病棟に移り治療を受けることができます。

勝久病院短期入所療養介護施設
居宅にて療養されている方に対して、心身の状況や家族の病気・冠婚葬祭及び家族の身体的・精神的負担の軽減を図るため、短期間入所し看護及び介護、必要な医療を提供するサービスです。

お問い合わせ先 電話 096-293-5000 / FAX 096-293-0920

勝久病院訪問リハビリテーション

介護保険の要支援、要介護認定を受け在宅生活中である通院が困難な方や在宅環境でのリハビリが必要な方などに対し、理学療法士が訪問し機能訓練や日常生活に直結した訓練を行います。
また家族に対する介助方法や運動の指導、住宅改修や福祉用具についての相談にも応じます。利用者や家族を含めた状態や環境をふまえ、主治医や介護支援専門員等と連携をとり、介助量の軽減、寝たきりの予防、生活範囲の拡大などを目指し、快適で豊かな生活を送れるように支援します。

お問い合わせ先 電話 096-293-5000 / FAX 096-340-3955

住宅型有料老人ホーム ライフグランかつひさ

高齢者の方の生活に直接接する機会が増えると、独居や老々介護の方など、身体や生活に不安を抱えながら頑張っておられる姿を多く目にします。
そこで居住の場を提供する必要性を実感し、住宅型有料老人ホームを設立することといたしました。
医療のノウハウを生かし、豊かな暮らしを提供します。
「ライフグランかつひさ」を是非ご利用ください。
詳細はこちら

お問い合わせ先 電話 096-293-8866
ページのトップへもどる